保育園の頃は、まったくお友だちと遊ばない息子を心配していた。

小学生になって、人見知りしない子に声をかけられ、お友だちと遊ぶことが増えた。

よかった、よかった。

と思ったら、
「○○くんは、鬼ごっこに入れてあげない。」
「(僕が勝ちたかったのに)○○くんが勝ったのが許せない。」
など、
意地悪をされることも出てきた。

ああ、そうか。

お友だちが増える(人付き合いが増える)って、こういうことだよね。

自分と関わる人が、全ていい人とは限らない。

優しい子もいれば、意地悪な子もいる。
一緒にいるとなんでも楽しい子もいれば、一緒にいると疲れる子もいる。

お友だちがいないことばかり心配していたけど。
お友だちがいたらいたで、心配することもある。

お友だち関係の悩み、人付き合いの悩みは、大人になっても続く。

息子よ、
人はそうやって経験して、いろいろ学んでいくのだよ。

「もしまた意地悪されたら、『××されたら嫌な気持ちになるからやめて』って言ってみよう。何回か言ってもやめてくれなかったら、その子から離れよう。」

「で、先生に『△△くんに、××するのやめてって言ってもやめてくれないです。どうしたらいいですか?』って言ってみよう。先生に言えなかったら、ママに言って。ママから先生に相談してみるから。」

息子には、そう伝えた。

高学年になったら
「先生や親にチクっただろ!」
とか、また面倒なことになるのかもしれないけど。

  • 相手に自分の気持ちを伝える。
  • 困ったときは、信頼できる人に相談する。

は、とても大事なこと。
息子には、覚えていてほしい。

友だちって、いなくても、いても、いろいろある。

FullSizeRender
「ボクもやるー!」「順番だよー。」