このところ、
人からもらった本や、人が貸してくれた本ばかり読んでいる。

人からもらった本や、人が貸してくれた本だと、
どうしてもそちらを優先して読まないといけない。
(気がする)

なので、自分が読みたくて買った本は、後回しになる。

するとどうなるか。

読書感想文ブログが書けなくなる。

人がプレゼントしてくれた本や、貸してくれた本が、私の琴線にふれるとは限らない。

せっかく読んだのだからと、読書感想文ブログを書こうとする。
けれど、琴線に触れていないので、なかなか筆が進まない。

下書きは下書きのまま。
いくら読んでも、下書きが増えるのみ。

ブログが書けないので、
読了ツイートも出来ない。

むむむむむ。
これは良くない。

というわけで。

無理に読書感想文ブログを書くことをやめにした。

読み終わったら、基本「# 読了」をつけて、TwitterやInstagramでつぶやくのみ。

「どうしてもこれは語らねばならぬっっっ!!!」
「Twitterだと文字数……」
というものだけ、
読書感想文ブログを書こう。

夏休み。
子どもの読書感想文に悩む親たちのツイートが並ぶ。
自分も、課題図書が全くツボにハマらず
「他の本ならいくらでも読書感想文が書けるのに!!!」
「好きな本で、読書感想文が書きたい!」
と思ったことを思い出す。

人によって、おもしろい本はさまざま。
どんなに良書でも、琴線に触れなきゃ、感想の言葉なんて生まれてこないよね。


FullSizeRender
息子が遊ぶ公園のベンチにて。