お酒が飲めない私も、

「寒い日にヴァンショーを飲んで温まりたい!」
「桃を白ワインに漬け込む、桃ワイン美味しそう〜!」
「しじみの紹興酒炒めと、紹興酒たっぷりの煮麺が美味しそうだから、紹興酒買おうかしら……。」
「私も香菜大好きー! 香菜ソース作っていろんなものにかけたいな。」
「蕎麦屋でお酒とか憧れるわー。焼き味噌を舐めながら、日本酒をちびりとやりたいー。」

などなど。


美味しいごはんを食べながら、
美味しくお酒を飲む妄想がふくらんだ。




そういえば。

私は子どものころから、お酒のおつまみが大好き。

父の晩酌の横で、
麦茶片手に、
サラミや塩辛、ナッツや焼鳥などをつまんでいた。

父は
「この子は将来、酒呑みになる!」
と、一緒に晩酌するのを楽しみにしていたようだけど……。

まさか子どもたち全員、母に似て「下戸」になるとは!

大人になっても、私の
「お酒は飲めないけど、お酒のおつまみは大好き!」
は変わらない。

お酒にまつわるエッセイを読んで、
美味しそうなおつまみを作って、
白湯を片手に、
ちびちび ごくごくやるのが大好き。




46841462-76BF-459B-9C04-FA5035A6F541
とても素敵な写真が表紙なのに……。PHP文庫の電子版は、表紙が表示されないのが残念。