"書道"ほど堅苦しくないのに、
「"書道"ってこういうこと?!」
と思えた本。





筆(ペン)を選び、
どんな字を書くか考え、
一文字一文字、心を込めて書く。

書く内容もさることながら、
書く"文字"に魂を込める。

小学校の授業では、
「書道=字の練習」
としか思えなくて、ぜんぜん楽しくなかったけど。

この本を読んだら、
文字を書くことが道となり、書道と呼ばれる理由がようやくわかった。

それくらい、著者の
「文字を書く」ことに対する愛情が伝わってきた。

  1. 文字を書く前に、まず大きく深呼吸を2〜3回。
  2. 「ふうっ」と、"負"の気持ちを吐き出す。
  3. 新鮮で綺麗な空気をおへその下の方へ吸い込む。
  4. そのままお腹で体を支える。


文字を書く前に、こんなことしたことない(^^;;
(書道では当たり前なのかな?)
  • 漢字は大きく、ひらがなは小さく。
  • 画数の少ない漢字も小さめに書く。


こういった美文字を書くコツだけでなく、
文字を書くことの楽しさも学べた本。




2F60CD3B-DDF4-4461-9EE6-19F0EB08226C
きれいな字になりたい!PDFダウンロードして、練習するぞー!