病院に行ったり(四十肩)、
トラブルの相談にのったり、
息子の就学時健康診断に行ったり、
校長先生の面談があったり、
ママ友のお茶会に誘われたり、
ピアノを辞める手続きをしたり。

今週ずっとドタバタしてたら、ぜんぜん読書する気になれなかった。

ひと段落ついて、
「本を読もうかな」
と思っても、
気がついたらダラダラダラダラ、スマホを見てる。

読書って、時間じゃなくて、
体力がないとできないのかも。

コロナの外出自粛で本の売り上げがあがったのも、
みんな時間があるからじゃなくて、
家にいて体力があるから、本が読めるようになったのでは???

反対にスマホって、体力がなくてもダラダラダラダラ見られる。
だから、お疲れ気味の人ほど、スマホを見ちゃうのかも?!?!?!

ついでに言うと、疲れてるときは、Kindle(iPad)で本が読めない。
紙の本を選んでしまう。

疲れてると、
Amazonプライムで映画を見るのもしんどいと感じる。

スマホでダラダラダラダラSNSを見ることはできるのに。

不思議。

読書量が減ったこと。
SNSが普及したこと。
この2つに、体力の低下が関係しているのでは?!

と密かに考えている。

FullSizeRender
東山魁夷の絵と、タイトルに惹かれて購入。