スープやお茶をこぼした時。

「もーっ!」
「〇〇くんのせいなんだね!」
「ママがここに置くからだよ!」
etc、etc。

自分がこぼした事を棚に上げて、怒りだす息子。

怒って不貞腐れるだけなので
「こぼした時は、怒るんじゃなくて、拭くんだよ。」
と言いづけてきた。

「怒るんじゃなくて、タオルやティッシュを持ってきて、まず拭く。」

そしたらある日。

洗い物をしている私の後ろで、
ゴトッ!
という音がした。

(……お茶こぼしたな……)
と思いつつ、
(ママ〜! お茶こぼしちゃった〜! って呼びにくるまで、放っておくか……)
と気づかないフリ。

すると、
目を丸くした息子が私の元へきて、
「ママ! お茶こぼしちゃったけど、〇〇くんが拭くから! ママは待ってて!」
と、タオルを持って戻っていった。

(えっ? 自分で拭いてくれるの?!)
(私がやらずに?!)
(怒らずに、不貞腐れずに、冷静にタオル持っていった?!)
(せ、成長してる〜〜〜!!!)

驚きにお皿を落としそうになる私。

その後部屋に戻ると、
「お茶、いっぱいこぼしちゃったけど、〇〇くん拭いたよ!」
とこぼした箇所を教えてくれる息子。

拭き跡が残る、ほんのり湿ったテーブルと床。
かなり派手にこぼしたみたいだけど(^^;;
うんうん! ちゃんと拭けてる!

「ほんとだ〜! ありがとう〜! すごく助かる〜!」

盛大に、息子と喜んだのでした(^-^)v

image
コロナで中断してた、支援員さんの保育所訪問。
お友だちと遊んだり、運動会の練習に参加したり、記録にも成長のあとが。