こんなタイトルの映画あったな。
と思いながら、読み始めた本。


美味しそうな写真と、
ハーブ初心者でも
「料理にハーブ入れようかな」
と思える、取り入れやすいレシピ。

10分くらいで読み終わった。

ハーブの効能とか、小難しいことが書いてないのが良い。

薬味とか、トッピング感覚で、ハーブが楽しめそう。

  • ローズマリーを醤油に漬けた、「ローズマリー醤油」。
  • パスタを茹でるときに、ベイリーフ(月桂樹)を入れると風味が良い。
  • サラダはボウルではなく、大きな平皿に盛りつけると、豪華になる。

は、すぐマネしてみようと思う。

昔、友だちと行った北欧カフェのサンドイッチが、すごく美味しかった。
刻んだディルがたっぷり入ったマヨネーズの、サーモンのサンドイッチだった。

もう一度食べたいなぁ。
家でも作りたいなぁ。

薬味大好きな、ツレヅレハナコさんのレシピも気になる。




アジの干物に、ディルをどっさりですって。
これが美味しいんですって。

フレッシュハーブも、ミョウガや大葉のように、身近で買えるといいなぁ。

ハーブ使いが巧みな人って、お庭やベランダで育てているのかな???

高級スーパーに、ディルを買いに行きたいけど。

その前に、観賞用になってるキッチンのローズマリーで、
チキンを焼いてみよう。

E753A750-321D-41AD-8F43-2A87E0477A00
紹介されているハーブも10種類くらいなので、初心者にはありがたい。