「なんだったんだ?」か読み終わったあとの感想です。



長編だと思って読んでしまい、途中で首折り男を見失って迷走してしまいました。
短編集だったんですね(^^;;。
表紙にも帯にも書かれていなかったので、気づかなかった。
出版社の作戦かな?
だとしたらネタバレですね、ごめんなさい。

作品をひとつひとつ見れば、すごくおもしろいです。

私は怪談が苦手なので、「相談役の話」は怖かった!!!

ちょっと怖い首折り男の話から飛び立ち、ふわふわと漂って、またゆっくりと、ほっこりする首折り男の話に着地する。

そんな感じの作品です。

伊坂幸太郎作品の、黒澤ファンの方は、ぜひお読みください♪