昨日から今日にかけて、ずっとモヤモヤしてた。

取り留めのないことを考えたり、めずらしくカッとなったり。

どうしてこんなに心中穏やかではないのか。

と考えていたら、原因は、「人」だった。

相手のプライバシーがあるから、詳しくは書けないけど。

やたらと人間関係のトラブルを起こす人の愚痴を聞いたり、
押しの強い人からグイグイ来られたりして、
心が疲れていた。

まったくもー。

そういう人とは、距離を置くべきなんだけど。

身内や職場や子ども関係の人に、そういう人がいると、距離を置きづらくて困る。

うーん、困る。

とりあえず、
好きなYouTubeを見たり、当たり障りのない雑誌をパラパラめくったり、雑記帳を眺めたりして、ようやく復活した。

人の心を弱らせるのも「人」。
人の心を元気づけることができるのも「人」。
そして、生きていくうえで必要不可欠なのも、「人」。

これからも、他人との関わりで、たびたび心をすり減らすのだろう。

そういう時、
すぐに立ち直れるように、
自分を見失わないように。

YouTubeなり、映画なり、本なり、ノートなり。

ぼんやり見てるだけで、自分を取り戻せるもの。
そういうものを、いくつか用意しておくといいなと思った。


秀島史香さん、好きだなぁ。