息子も、来年は小学生。
ランドセルについて、いろいろ考えなきゃいけない時期。

男の子を持つママ友と話したら、
「水色がいいって言うから、せめて青にしてっお願いした」
「うちも明るい色が好きだから困る。やっぱり黒だよね」
「お姉ちゃんみたいな、キラキラがついてるのがいいって言い出して……」
と、みんな圧倒的に、黒か青(紺)にしたい様子。
(親が)

確かに、道を歩いてる小学生を見ても、
男の子でピンクや赤のランドセルを背負ってる子は、まだ見たことがない。
女の子も、赤かピンク、水色あたりが多い。
黒のランドセルを背負った女の子は、見たことがない。

私の住んでいるエリアが、保守的なのかな?
それとも、全国的に、そうなのかな?

ランドセルの色が選べようになったとき。
「自分の好きな色が選べるなんて! うらやましい!」
と思ったけど……。

どうもそうはいかないらしい。

ランドセルを買うお金を出すのは、祖父母か両親。
なので、何色のランドセルを買うか、決定権を持っているのは、子どもではなく大人。

なんだ。
結局、自分の好きな色が選べるわけじゃないんだ。

大人が、
「性別を色分けするなんて、馬鹿げてるね!」
と思わないかぎり。
大人が、画一性の価値観を子どもに押しつけるかぎり。

子どもの多様性の芽は、摘まれ続ける。

うちの息子は、何色を選ぶだろう。
ピンクが好きだから、ピンクがいいと言い出したら……。
やっぱり、
「ちょっと待って!」
と言ってしまうかもしれない。

あれこれ考えているうちに
「そもそも何で小学生はランドセルなんだ?!」
という疑問に行きあたった。

「リュックサックで良くね?!」

ランドセルがたくさん入るから、
たくさん持ち歩くのが当たり前になってる気がするし。

ちなみに、京都の小学校には、
「ランリュック」なるリュックサックがあるらしい。

イイネ!

「小学生=ランドセル」なんて発想はやめて、
みんな自分が好きで使いやすい通学カバンでいいんじゃない?!?!?!
(←ランドセル選びがめんどくさくて、投げやりになってます)


FullSizeRender
ランドセルと関係ないけど。
男女の色分けといえば、これよね。