春が来て、太陽の光が力強くなってきた気がする。

明るい時間が長くなるせいか、
いつもの景色が、いつもよりいきいきとして見える。

太陽を浴びて、ゆっくりと枝葉を伸ばしはじめた木々。
次々と、花開く植物がまぶしい。

何より、太陽をあびた子どもの、
美しさにはっとする。

髪の毛はつるつるさらさら光り、
頬はふっくらつややかと光をはね返す。
瞳なんて、きらきらと光を吸い込んで、太陽に負けないくらいだ。

この世界で、
太陽の光ほど正直な光は、ないと思う。
どんなに優秀な照明でも、太陽の光にはかなわない。

美しいものは、より美しく。
事実は、ありのままに照らしだす。

照明の下では若く見える人でも、
太陽の下では、年相応か、それ以上に見えちゃう。
大人だもの。

太陽は、正直すぎる。
かなわないから、笑ってごまかせー。

IMG_0961
ハナニラいっせいに咲き出した。
春だ、春だー。